学校・教育ではスマホのドーナツ化現象が起こっている?

■アプリケーション名 :

■価格 :

■メーカー名 :

■レビュー時のバージョン情報 :

 うちの娘が高校に合格した。

 スマホをいじっていた時間がかなり長く、スマホがなければもっと高いところに行けたと思われがちだが、なければマンガなりラジオなり、別の時間つぶしをしていたに違いない。それはもう、自分を振り返ってみればわかることだ。

 とはいえ、基礎的な学力についてはスマホがあればほぼ無料で手に入る時代である。これまたYouTubeばかり見ている小学生の息子だが、読めるひらがなが書けるようになったのはアプリのおかげだし、最近は日本史のクイズアプリにはまっている(数をこなすとガチャが回せるなど工夫されている)。塾や講師が公開しているYouTube動画も数多い。

 前にも書いたが、海外の一流大学も授業を無料で公開している。こうなると、単純に知識を得るためだけに大学まで行く意味がないようにも思われる。学歴が世間から求められているかぎり、大学がなくなることはないだろうが、求められる役割は変わっていくだろう。

 ちなみに、昔の合格発表は速達が送られてきたものだが、最近はネットで確認できるようになっている。スマホでも合否によって起こる感情に違いはない。速達を待つドキドキ感は、アクセスが集中してなかなか見られないドキドキに変わった。娘は「恐いから」と、スマホでの確認を弟にまかせていた。

 スマホで一番変わったのは、人間関係かもしれない。入学する前から、Twitterで交流が始まっているのだ。娘曰く、Twitterのやりとりで仲良くできそうな人がわかるとか。友達の青田買いと言えるだろう。別の学校だが、同級生となる女生徒に完全にアウトなセクハラメッセージを送ったバカもいるらしい。そのうち、入学前に退学になるヤツがでてくるはずだ(笑)。

 高校生活に欠かせない存在に思われるスマホだが、娘の通う予定の高校はスマホ持ち込み禁止。親としても連絡が取りにくくなるのは不便だが、スマホを触らない時間が強制的に与えられるのは貴重なことかもしれない。

 

oguyan318-01スマホで確認された合格発表。

 

賢い人のスマホには「ハーバード」が入っている!?

http://dime.jp/genre/247376/

 

これなら続くかも!?動画による講義で英単語が立体的に覚えられるアプリ

http://dime.jp/genre/189284/