『Foodie』メシウマ写真が簡単に撮れる食べ物専門カメラ

■アプリケーション名 : Foodie(フーディー) - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ

■価格 : 無料

■メーカー名 : LINE Corporation

■レビュー時のバージョン情報 : 1.1.2

App Store

食べ物の写真撮影に特化したカメラアプリ。食べ物がおいしく見えるフィルターが20種類以上も用意されていて、撮影時に好きなフィルターを選ぶことで、より美味しそうに見える写真が撮れる。撮った写真はそのままSNSに投稿するのも簡単!またあらかじめ撮影した写真をライブラリから選んで、あとからフィルタを使って加工することもできる。撮影時のシャッター音が消せるので、レストランなどで目立たずに写真を撮りたいときにも便利だ。

ad132_01操作はとってもシンプル。左上からカメラ切り替え、ライト、画角、ぼかしの有無。シャッターボタンの左がライブラリから写真を読み込むボタンで、右がフィルターボタンになっている。

ad132_02フィルターボタンを押さなくても、画面を左右にフリックするだけで次々にフィルターを切り替えられる。

ad132_03フィルターボタンを押すと、フィルターの一覧が表示される。好みのものを選んで、さらにフィルターの強さや明るさを調節することができる。

Editor's Review

10

フィルターの種類が豊富で、料理にあわせて選べるのがいい。たとえば野菜なら「フレッシュ」、パスタなどは「もちもち」、お肉なら「ニクニク」、デザートは「スウィート」などなど、それぞれの料理ごとにより美味しく見えるフィルターが充実しているので、いろいろ試してみたい。フィルターを選んで、明るさを調整し、シャッターを切るだけで、驚くほど簡単にメシウマ写真が撮れる。さらに食べ物を俯瞰で撮りたいときには、レンズが水平になっているかどうか教えてくれる機能もある。一度使えば、手放せないヘビロテアプリとなること間違いなしだ。