スマホ用カードリーダーはモバイルバッテリーを兼ねるべし

■アプリケーション名 :

■価格 :

■メーカー名 :

■レビュー時のバージョン情報 :

iPhoneやiPadにはSDカードのスロットが内蔵されていないため、Wi-Fiを利用したワイヤレスのカードリーダー製品がいくつも市場に投入されている。デジカメで撮影した写真や動画、パソコンのドキュメントファイルの再生、逆にiPhone内のデータをSDカードにバックアップすることができる。ローカルのクラウドストレージのようにも使え、複数の人やマシンの間でデータを共有するのにも便利だ。

ただ問題もあって、この手のカードリーダーを常に持ち歩くかというと、そうはなりにくい。いつもガジェット類をフル満載で持ち歩いている人を除くと、事前に使う目的がはっきり決まっているときは携帯するが、そうでないときは忘れがち。なので、いざ誰かのデジカメの画像を至急送らないといけないというシーンに対応できるとは限らないのだ。

そこに目を付けて開発されたのだろうか、ラトックシステムの『REX-WIFISD1』は、ワイヤレスのカードリーダー機能だけではなく、スマホのモバイルバッテリーとしても使える製品。3000mAhのバッテリーを搭載し、iPhoneを1回フル充電にできる。もちろん、モバイルルーターやiPadなどほかの機器への給電も可能だ。Wi-Fiのカードリーダーとしては最大9時間稼働できる。

iPhone、iPadのみならず、最近はmicroSDカードスロット非搭載の格安Androidタブレットも増えてきているので、汎用のモバイルバッテリー兼カードリーダーの需要は、今後さらに高まるのではないだろうか。

SDカードは128GBまで動作確認済み。右のUSBポートは、給電用のみならず、USBメモリーを挿せば、スマホからデータにアクセスできる。『REX-WIFISD1』自身の充電は、本体横のmicroUSB端子を使用する。パソコンと接続すれば、有線接続のカードリーダーとしても使用可能。

スマホからのアクセスは、専用アプリ「WiDrawer」を使用。iOSおよびAndroidに対応。SDカードに大容量の写真データが大量に入っている場合は、サムネイルの読み込みに多少時間がかかる。

『REX-WIFISD1』からiPhoneへ充電している図。モバイルバッテリーとして使用しながらWi-Fiカードリーダーの同時使用も可能だ。本体は多少大きく見えるが、重量は約120gと、モバイルバッテリーの中では軽い方だ。

 

REX-WIFISD1(製品情報)

http://www.ratocsystems.com/products/subpage/wifisd1.html