『GPS-Trk 2』GPS機能を200%活用せよ

■アプリケーション名 : GPS-Trk 2

■価格 : 850円

■メーカー名 : hc-eng

■レビュー時のバージョン情報 : 2.0.34

App Store

アプリを起動すると、自動的にログデータの取得を開始する。とりあえず、右下の歯車アイコンをタップして設定を済ませよう。

デジカメに位置情報を書き込みたい場合は、「GPX」を選択してログデータをメールでPCに送るだけでいい。測定間隔は移動距離または時間で決めることができる。測定間隔を広げれば消費電力を抑えることができる。

これが自動的に記録されたログデータ。この状態で右上の矢印アイコンをタップするとメニュー画面が表示される。

表示されたメニュー画面。地図をタップするとGoogleマップなどに軌跡を表示できる。また、高度、速度はグラフで表示される。メールを押すと添付ファイルで選択したログデータを送信できる。

これが地図に表示されたログデータ。細かく表示させると往路と復路で歩いたルートが違うことが分かる。

『iPhone5』にも対応。噂のマップにも軌跡はきちんと表示された。左側に1個所だけ飛んだポイントがあるのが気になるが…。

高度を表示させるとこのような折れ線グラフになる。山登りや旅行などで役立ちそうな機能だ。

書きだしたログデータを使って『ViewNX 2』というアプリでデジカメに位置情報を書き込んだ。このアプリがあればGPS内蔵カメラを使わなくても、どこで写真を撮影したかが分かるようになる。

 

Editor's Review

10

バージョンアップを重ね完成度を高めたGPSアプリ。豊富なトラックインポートとエクスポート機能があり、多くのアプリでデータを活用できる。例えばGoogleマップに旅行の行程を表示したり、デジタルカメラのExifデータに位置情報を書き込むこともできる。操作方法が簡単で、安定度が高く、電池の消耗も少ない。GPSアプリの決定版だ。(レビュー/ゴン川野)