『SnapDish 料理カメラ』 料理の写真を撮ったら美味しく大公開!

■アプリケーション名 : SnapDish 料理カメラ

■価格 : 無料

■メーカー名 : Vuzz Inc.

■レビュー時のバージョン情報 : 1.1.3

Androidマーケットでダウンロード Androidからアクセスしている方はQRコードをタップ

利用にはユーザー登録が必要だ。登録は名前とメールアドレスで簡単に行なえる。ログイン後に表示されるのが全体メニュー。「料理」というのがいわゆるタイムラインで、自分がフォローしている人の写真を見ることができるもの。「投稿履歴」は自分の写真を日付順に見ることができるもの。カメラマークの「スナップ」で写真を撮ってアップロードしたり、その隣の「ギャラリー」から写真を選んでアップロードしたりして楽しめる。

メニュー画面の右上にあるカメラマークをタップしてカメラを起動して写真を撮るか、ギャラリーから選択するかのメニューが表示される。

アップロードを始める前にまずいろいろと設定をしておこう。Androidのメニューボタンから設定を選択する。「プロフィールとアカウント」からは最初にユーザー登録した内容を確認できる。設定の中でも最低限確認しておきたいのは、「コネクション」と「通知設定」だ。自分の好みや用途に合わせてSNSと連携したり、さまざまな通知を受け取ったりすることができる。

設定ができたら写真を撮るかギャラリーから1枚選び、加工をしてアップロードを試してみよう。『SnapDish』では加工のことを「クッキング」とよんでいる。写真下部にある、レア、ミディアム、ウェルダンで色味を変えることができる。少しずつ変化があるので好みのものを見つけるといいだろう。

写真の右下にあるしずく型のアイコンはボケを作るもの。ボケは丸いものと横長の四角との2種類あり、しずく型アイコンをタップしてどちらかを選び、次にボケの中心でクッキリさせたい場所をタップすればOK。投稿する時にはいろいろなジャンルのタグをつけたり、場所を付けたりできる。

最初ちょっとわかりにくいが、ブログへ投稿することもできる。設定から「コネクション」を見ると、項目の一番下に「ブログ」というのがあり、利用できるブログが列挙されている。利用しているものがあれば試してみると良いだろう。

「人気」の写真は見ているだけでもいろいろあって楽しい。1日分のほかに、週間、月間での人気写真が並ぶ画面も選べる。また「見つける」では料理のジャンル、ユーザー、新着、ご近所などいろいろな探し方ができる。

料理写真には「もぐもぐ」や「コメント」というボタンがある。「もぐもぐ」すると画面にハートが舞うところが可愛らしい。

Editor's Review

8

Androidで使える料理写真アプリの『SnapDish』は日本で開発されており、日本語で使えるところが気に入る人も多いだろう。料理写真を見ているとユーザは日本に留まらず、世界に増えているようで英語のインターフェースもちゃんと持っている。写真を撮って加工してシェア、そこに「もぐもぐ」をもらったりすると嬉しくなってまた写真を撮ったり。また珍しい料理を見つけたりすることも。使っていてとても楽しいアプリ。 (レビュー/ふじたさとか)