『miil』”食べたい”をおいしい写真でつなげるグルメなSNSアプリ

■アプリケーション名 : miil

■価格 : 無料

■メーカー名 : FrogApps, Inc.

■レビュー時のバージョン情報 : 1.3.0

App Store

『miil(ミイル)』は料理や食べ物の写真を共有して楽しむソーシャルネットワークアプリ。現在はiPhone版のみの公開。

メールアドレスとユーザー名を決めてサインアップする。ユーザー名は英数字のみで早いもの順になっている。登録後、Twitterのアカウントなどを追加で関連付けさせられる。

画面の下にある「カメラ」をタップして料理写真を撮影するか、カメラロールから写真を選べる。その後、画面下にあるフィルターか写真の枠の中にあるボタンを移動させて、写真を加工できる。

加工した後に画面上の右矢印をタップして、コメントや情報を書き込むことができる。非公開にしたり、TwitterやFacebookに投稿したり、アルバムに写真を保存したり、いろいろな機能が用意されている。

お店のジャンルや料理の種類などの項目はあらかじめ用意されている。お店の情報も位置情報や名前などで検索しやすくなっているので、登録作業は比較的やりやすい。

投稿した写真はこのように表示され、コメントを付けたり、「食べたい」マークをタップしてお気に入りに加えたりできる。掲載した後の写真の再編集や削除は、ギアのようなアイコンをタップして作業できる。

「マイページ」では、『miil』からのお知らせや人気のお店など様々な情報をチェックしたり、フォロー&フォロワーの登録などができる。

通知設定などは、細かく変えられるようになっていて、iPhoneの通知センターと連携させたり、アプリのアイコンにバッジ表示したりできる。

その他に「HOT」では人気の投稿を、「近所」では500m〜3kmの範囲、あるいは指定した地域での投稿を一覧でチェックできる。

Editor's Review

8

料理写真を共有するソーシャルネットワークサービスがいろいろある中で、本アプリの特徴といえるのが、撮影した料理写真をカンタンに加工できる機能が用意されていること。複数のフィルターから選んでワンタップで加工することもできるし、写真の中に表示されるボタンを移動して結果をリアルタイムに見ながら加工することもできる。料理は好きだけど写真を撮るのはちょっと苦手という人でも、この機能を使えばとてもおいしく撮影できる。撮影した写真は非公開で保存することもできるので、撮影の練習に気軽に使ってみるのもいいかも。多機能だけれど、ユーザーインターフェイスがしっかり作り込まれているので、操作はしやすい。もちろん、TwitterやFacebookとも連携できる。おいしいものには目がないという人にぜひオススメだ。(レビュー/野々下裕子)