『Real英会話』日常でよく使うフレーズをリスニングで学習!

■アプリケーション名 : Real英会話

■価格 : 350円

■メーカー名 : LT Box Co., Ltd.

■レビュー時のバージョン情報 : 2.0

App Store

起動すると上半分に操作メニューが、下にはカテゴリ別の学習メニュー一覧が表示される。アプリの容量が大きいので、最初の読み込みはちょっと時間がかかる。

カテゴリの中のメニューをタップすると、タイトルに関するフレーズの一覧が表示される。さらに画面下にある「普通」「感情的」「疑問」をタップして並べ替えも可能。

一覧の中からフレーズをタップすると例文が表示され、吹き出しや背景をタップするとリスニングができる。

右上にあるCDのようなボタンをタップすると、メニューにあるフレーズが次々再生される「自動All Playモード」になる。中止する場合はフレーズのいずれかをタップする。

フレーズに表示されるカラータイルをダブルタップすると星マークが表示され「お気に入り」に登録できる。

「Phrase Quiz」ではクイズでリスニング力をチェックできる。「トレーニングモード」以外に、Game Centerを利用したり、他のユーザーとスコアを比べる「サバイバルモード」が選べる。

「トレーニングモード」は、流れてくる英文を聴いて正しい和訳を選ぶクイズで、3つ間違うと終了し、スコアが表示される。

メイン画面の右上にある「設定」ボタンをタップすると、フレーズの再生方法や英文の表示方法、クイズの時のBGMの設定などができる。

メイン画面の左上にある「i」のアイコンをタップすると、追加してほしいフレーズを応募することができる。クイズのスコアのリセットもここで行なう。

一通り勉強して、新しいフレーズを追加したい時は、メイン画面の「Phrase Update(新しいフレーズを更新)」から追加するフレーズを選び、右上の緑のボタンをタップするとダウンロードできる。

Editor's Review

8

英会話の先生が実用で作っただけあって実用性の高いアプリ。いわゆる口語が中心で生の英語を感覚的にマイペースで学習でき、400以上のフレーズと約1200の例文のほか、毎日新しいフレーズがダウンロードできる。歩いている時などiPhoneが操作できない時は自動All Playモード、電車やバスの移動中は通常モードというように、その時の状況に合わせて学習モードを使い分けられるのもいい。アプリのサイズが18.7MBとやや重いのに加え、追加ダウンロードをするとけっこう容量がかさばってしまうのは、学習用アプリなので致し方ないところか。新しいフレーズが勉強できることで、長く使い続けられそうだ。