『Android女子部』Androidを人にすすめる時のポイント

■アプリケーション名 :

■価格 :

■メーカー名 :

■レビュー時のバージョン情報 :

こんにちは、女子部の切り込み隊長モグタソです(=x=)さてさて、私の勤める色気のない職場でもAndroidがだいぶ増えてきました。まだ持ってない人も「その画面シュッシュッてやるやつ、便利なの?」と興味はあるようです。みなさんはこんな時、どう答えますか?

『Android気になるんだけど…どう?』と聞かれたら

1.不安にさせない

ガラケー(いわゆるフツーのケータイ)からスマートフォンへ乗り換える時って色々と勝手が変わるのでちょっと不安なんですよね。メールの使い勝手とか、各種設定方法とか、料金体系とか…。でも、最近では国産のAndroidも増えて来て、ガラケーとさほど勝手も変わらずデコメなども使えるようになってきました。

ちょっと前から使ってる身からすると、ついつい「んんー、メールがちょっとねー…」とか「なんか、使いこなすのがけっこう大変かも…」とか言ってしまいがちなんですが、本人がちょっと不安なのにわざわざその不安を煽る必要はないですよね。

たしかに便利なスマートフォン。でも、所詮 電 話 です。使いこなすとか使いこなせないとか別にないと思うんですよ。。それぞれが「あ、ちょっとこのアプリとか便利なんじゃない?!(ワクワク」っていう感じで好きなように使えばいいと思ってます、ハイ。なので、むやみに不安にさせるようなことは言わなくてもいいかなあ、と。「だいじょーぶ、だいじょーぶ!便利で楽しいよ!操作?慣れる慣れる!」くらいポジティブに言ってみてはどうでしょうか。

2.ガラケーを否定しない

Android、Android!iPhone、iPhone!スマートフォン・スマートフォン!という急激な流れの中で、ややガラケーの影が薄くなりつつある今日この頃。

だがしかし、だがしかし!!

Android(含めスマートフォン全般)を持ってるからってエライわけでもありませんw もともとガラケーって素晴らしいんですよね。薄い、軽い、バッテリー長持ち、電話かけやすい、赤外線通信できて、おサイフがわり、防水、TVまで観られる…だとぉぉ!?ある意味センパイです。ガラパゴス先輩かっけー、超かっけー。

その恩を忘れて「これからはスマートフォンだからぁ〜。え?ガラケーとかもうやめちゃいなよー」とか言っちゃいけませんねー。まだまだ使ってる人はたくさんいますし、ガチでアプリの開発してる人でもメインはガラケーって人もいますw「面倒じゃなきゃ二台持ちするのもアリだと思うよー」と言っておくのが一番いいかも。

3.しつこく語らない

服を買いに行って、おしゃべりな店員さんにベッタリ張り付かれて買う気をなくした事はありませんか?宿題をやろうと思った矢先に「宿題やったの?ちゃんとやらないと(以下略」と言われてやる気をなくした事はありませんか?

1でもちょっとお話ししましたが、知ってるだけについ色々と話したくなっちゃったりするんですよね、これが…。で、そのうち相手の知らない単語を連発させ、知らなくても困らないマニアックでどーでもいい情報を語り、夢中で説明するも気付けば相手はドン引き…という事態になるわけです。

あと、その後会うたびに「買った?買った?何買った?!!まだ買ってないの?!」とかしつこく聞くのも良くないですね。基本的には「相手が聞いて来たら教える」の姿勢を崩さないのがポイントかなあ、と。知りたい情報だけ教えてあげるのがスマートですよね。「実はちょっと裏技があってね…」とかはいきなり語らなくていいと思いますw

めんどくさいな、この人…

と、いうわけで…

うっかりしてると『ちょっと気になってるから聞いてみたら、不安にさせられた上に持ってるガラケーを否定され、挙げ句の果てには延々とマニアックなことを語られたコワイ。。』ということにもなりかねませんw

そこで3つのポイント、安にさせない・ラケーを否定しない・つこく語らない、の「ふ が し」を心のどこかに留めておくと楽しいAndroid仲間が増えるかもしれません!(´∇`)フガシ!

ふがし!

どうしよっかな、買っちゃおうかな、、と迷ってる友達の背中を優しく押せるようになりたいですね。

ではまた(=x= )