『netprint』iPhone、iPadからコンビニのプリンターへダイレクト印刷!

■アプリケーション名 : netprint

■価格 : 無料

■メーカー名 : Fuji Xerox Co., Ltd.

■レビュー時のバージョン情報 : 2.0.0(iPad版あり)

App Store

 

サービスを利用するには、ユーザー登録が必要。「ユーザー登録」をタップするとブラウザが起動して、登録ページが表示される。名前と電話番号、メールアドレス、希望するIDを入力するだけでOK。指定したメールアドレスにパスワード設定用のURLが送信され、そこでパスワードを登録すれば登録完了となる。なお、最終ログインから180日間ログインがないと、登録は自動的に消去されるので、再登録が必要だ。

ログイン操作が必要なのは初回だけ。以降はアプリを起動すると、このようなプリントモードを選択するメニューが表示される。「写真 かんたん プリント」は、撮影した写真をカメラロールから選ぶだけで、簡単にL判プリントの予約ができるモードだ。

カメラロールから写真を選んで、「予約する」をタップするだけで登録完了し、8桁のプリント予約番号が発行される。あとはこの予約番号を店頭のマルチコピー機に入力するだけ。『iPhone』で撮った写真のプリント手続きが超簡単にできる。

なお、オプションで「写真 かんたん プリント」モードの設定のカスタムが可能。ここではプリント予約番号を英数字または数字のみにしたり、暗証番号を設定することができる。

PDFやOffice文書などの書類をプリントしたい時は、登録したメールアドレスから添付ファイル付きのメールを「upload@m.netp.jp」に送信。また最新バージョンの2.0.0では、書類(※)を表示しているアプリから直接「netprint」を呼び出し、プリントを予約できるようになった。ただし中には、対応していないアプリもあるので注意が必要だ。

(※)アプリから直接呼び出せる書類は、PDF,DocuWorks,JPEG,PNG

アプリからのプリント予約の方法は、使用するアプリによっても異なる。標準メールで添付書類を開いた場合は、右上のアクションボタンをタップして「次の方法で開く…」を選択。表示された一覧の中から「netprint」を選ぶ。

用紙サイズや印刷の向き、カラー、白黒などを設定。用紙サイズは画像の場合、L判、A3、A4、B4、B5から選択可能。書類の場合は、L判を除く4種類となる。ただし、Webサイトなど印刷するものによっては事前にサイズを指定せず、プリントする際に店頭でサイズを選べるものもある。

「アップロード」をタップすると書類がサーバーに送られて、プリント予約番号が発行され、印刷待ちの状態となる。

L判以外のサイズで出力したい画像や特定のWebサイト、新たに作成したテキストメモは、このアプリから直接プリント予約をすることも可能。メニュー画面で「写真をプリント」「ウェブページをプリント」「テキストをプリント」のいずれかを選び、上の画面で右下にある「+」をタップして追加する。

Webページをプリントする場合は、URLを指定するだけでOKだ。

発行された予約番号は、予約番号一覧で確認できる。あとは最寄りのセブン-イレブンに出向くだけ。マルチコピー機のメニュー画面で「ネットプリント」を選択すれば、プリント予約番号の入力画面に進むことができる。なお印刷時には、別途プリント料金が必要となる。有効期限はファイルをサーバーにアップロードした日+7日間で、この期間を過ぎるとサーバーからファイルが削除され、店頭でプリントができなくなる。なお、プリント予約番号や有効期限は、「予約番号一覧」の画面からメールで送信することも可能だ。

Editor's Review

9

「ネットプリント」は専用サーバーに印刷したい写真や書類を送信し、日本全国のセブンイレブンでプリントできるサービス。出張時のプリントアウトに欠かせないサービスとしてPCではよく利用していたが、このアプリを使えば同じことがiPhoneからもっと手軽にできてしまう。最新バージョンでは、メールの添付ファイルや他のアプリで閲覧していたファイルを直接プリント予約できる機能が追加され、使い勝手がさらに向上。メールで受け取ったPDFを近くのコンビニで即プリントなんて使い方が、サクサクできるようになった。また撮った写真をワンアクションで、すぐにL判プリントできるのも便利。iPhone×写真の楽しみ方を広げてくれるはずだ。

コメントをどうぞ

あなたのメールアドレスは公開されたり共有されたりしません。マークは入力必須項目です。