『ツイキャス・ライブ』いつでも手軽にライブ映像を配信

■アプリケーション名 : ツイキャス・ライブ - TwitCasting Live

■価格 : 無料

■メーカー名 : sidefeed,Inc

■レビュー時のバージョン情報 : 2.70

App Store

 

配信方法は至って簡単で画面左下の緑色(準備中)の「GO LIVE」ボタンをタップすると赤色(配信中)になり、おおむね30秒ほどで実際の配信が始まる。始まる時にTwitterへの投稿入力画面が出るが、これにより配信開始をTwitterから知らせることができる。iPhoneだけで使っても音声は驚くほど明瞭に拾ってくれ、視聴者から何度もiPhoneにどんなマイクを取り付けているのかを尋ねられるほどだ。その隣の「MUTE」ボタンは配信の最中でもタップすれば無音にできる。屋外で風切り音などの騒音がひどい時に便利だ。

配信画面右下の「SETTING」ボタンは設定で、特に変更しなくても配信できる。Twitterのハッシュタグの使い方をご存知の人ならハッシュタグ設定を使えばより効率よく視聴者を集める事ができるだろう。設定項目中にある”@返信のみの更新”とは配信の最中にユーザー自身のTwitterアカウント宛に呟かれたツイートだけが表示されるようにする設定である。

配信画面下部中央の「VIDEO」ボタンで過去に自分が配信した履歴とその録画が見られる。録画はネット上での公開、非公開を変更でき、削除もできる。

配信画面下部中央の「POST」ボタンは 配信を見てくれている人にTwitterで応える時に使う。投稿時の位置情報にチェックを入れていると書き込みに続けて(大阪市/大阪府,日本)のように現在位置が自動的に書き込まれる。

撮影画面左下にある吹き出しアイコンはタイトルを打ち込む時に使う。撮影画面右上にある折れた矢印アイコンは照明ボタンで、暗がりでも照らしながら撮影することができる。

撮影画面右上にあるカメラアイコンでフロントとバックのカメラを配信中であっても切り替えられる。フロントカメラ使用時は左右逆の鏡映しとなる。

最大3倍のズーム操作は簡単で、撮影画面上を指一本で左から右へスワイプすると拡大になる。右から左のスワイプで縮小になる。

パソコンのWebブラウザでTwitCasting Live(http://twitcasting.tv/)にアクセスすると、たくさんの配信中のライブ映像を見ることができ、人気の高いライブを探すことも簡単だ。

※2011年2月現在Android版ではツイキャス・ビュワーのみがリリースされており、ツイキャス配信ができるアプリの登場が待たれている。

Editor's Review

9

iPhoneからライブ配信できるアプリが幾つかある中で、縦置で使うツイキャス ・ライブは手持ち撮影の時に持ちやすい。開発元も頻繁に改善のアップデートを重ねていてサービスが充実している。閲覧専用で無料の別アプリ「ツイキャス・ビュワー」もiPhoneからツイキャスライブを見るのに便利だ。
※くれぐれも個人のプライバシーを尊重して使いましょう。