『Android女子部』スマートフォンを紛失したらどうなるのか

■アプリケーション名 :

■価格 :

■メーカー名 :

■レビュー時のバージョン情報 :

ないんです。落としたっぽい記憶があるので確実です。出掛ける前にポケットに入れ、帰ってきたらポケットに無い。やってしまいました。へこんでいても仕方が無いのでまずはNTT docomoのサイトで紛失時の手続きをチェックします。

「my docomoからご利用の一時中断手続きを」という指示があったので、あわててログイン。説明に従って手続きしました。が、困りました。なぜならXperiaはNTT docomoのサービス「おまかせロック」に対応していないのです。そして凄いことに、部長の愛機はロック解除パターン未設定。あけすけです(登録したパターンを自分で忘れてしまうのでかけていなかった)。

人様に顔向け出来ないようなコンテンツは含んでいないにしても、要らないアプリとか購入しまくられたら悲しいですし、Twitterクライアントからなりすましつぶやきで「福山雅治大好きぜよ〜」など心にも無い事を100連投されてはたまりません。そこで、ひとまずGoogleアカウントのパスワードを変更し、Googleサービス丸出しの可能性を回避しました。

それにしてもスマートフォンを無くしたときの、だだもれるものの大きさといったら。自分に属する情報の、それもとくに重要な部分を知らない人に託すことになってしまう。端末自体はNTT docomoの「ケータイ補償お届けサービス(月額350円)」に加入していたためFOMAカード再発行手数料プラスサービス利用時の負担金(合計8400円)で届けてもらえるといえどもやはり最終的に重要なのは端末でなく情報。今のところどなたかがもてあそんだ形跡はないのできっとそのうち出てくるはずだと信じていますが、事前の対策は必須だと肝に銘じました。というわけで、これからスマホユーザーになろうと考えるみなさんには以下の事を提案しますので、是非実行してください。また、現在使ってらっしゃるかたで対策をこうじていらっしゃらないかたは今すぐ対策を。

なくす前にすべきこと

  1. (NTT docomoの場合)「ケータイ補償お届けサービス(月額350円)」に加入
  2. ロック解除パターンの設定
  3. 紛失時に遠隔操作で端末のロックができたり端末の現在地がわかるすごいアプリ「A-Secure」などのインストール

なくしたらすべきこと

  1. 利用停止手続きの実行
  2. セキュリティアプリを実行して手を尽くす
  3. GoogleアカウントやSNSのパスワード変更
  4. 警察に届け出
  5. ケータイ補償お届けサービスなどの連絡
  6. 人事を尽くして天命を待つ

 

コメント一覧

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Yuriko Ota/太田百合子 and 遊佐勉, AppDime.jp. AppDime.jp said: 『Android女子部』スマートフォンを紛失したらどうなるのか – http://tinyurl.com/333gy5x […]

コメントをどうぞ

あなたのメールアドレスは公開されたり共有されたりしません。マークは入力必須項目です。