『Scan2PDF Mobile Lite』写真や画像データからPDFを作成するツール

■アプリケーション名 : Scan2PDF Mobile Lite

■価格 : 無料

■メーカー名 : burrotech

■レビュー時のバージョン情報 : 1.2.9

Androidマーケットでダウンロード Androidからアクセスしている方はQRコードをタップ

yos0063-01

起動時に「このアプリはLite版なので生成したPDFには透かしマークが入りますよ」というダイアログが表示される。

yos0063-02

PDF作成画面。写真を撮影してPDFファイルにしたい場合は「Scan Page」をタップしよう。画像フォルダからPDF化したいデータを選びたい場合は「メニューボタン」→「Import photo」を選択する。

yos0063-03

「Scan Page」をタップして撮影画面に入ったところ。画面右下の写真アイコンをタップすれば撮影完了だ。

yos0063-04

写真の撮影、または画像フォルダからの選択が終わると自動的にPDF編集画面へ。さらに画像を追加したい場合は先ほどと同じ動作を繰り返していけばOKだ。「View Page」で画像確認、「Rotate Page」で画像回転、「Delete Page」で画像削除が可能。

yos0063-05

ひととおり画像の追加が終わったら「Make PDF…」ボタンをタップしてPDF設定画面に進もう。PDFファイル名の決定やファイル生成後のアクション選択を行なって「Make PDF!」をタップする。

yos0063-06

PDF作成時に「View PDF」にチェックを入れておくと、作成後に当該PDFファイルが開く。この画面では透かしが入っていないように見えるが…。

yos0063-07

別のPDFビューアアプリで見ると「Scan2PDF」の透かしを確認することができる。

yos0063-08

メイン画面で「メニューボタン」→「PDFs」と進むと生成したPDFのリストが表示される。ファイル名を長押しすることで閲覧や削除、メール添付といったアクションが可能。なおPDFファイルの保存場所は「/sdcard/PDF」だ。

yos0063-09

「メニューボタン」→「Settings」で撮影する写真の画質やPDFファイルの保存先などの設定ができる。

Editor's Review

7

手軽にPDFが作成できるのでいざという時にありがたい。反面、画面の真ん中にばっちり目立つように「Scan2PDF」と透かし文字が入ってしまうので、仕事でフル活用したい人は有料版の「Scan2PDF Mobile」(約518円)へのスイッチをおすすめする。